系統にこだわる

WLD(三元交配)

母ブタは大ヨーク種とランドレース種の間に生まれた誇りある血統で、父はデュロック種という
肉質と健康に優れた血統です。子豚は血統の頭文字をとってWLDと呼ばれています。
この品種は肉と脂のバランスがすばらしく、ジューシーで肉自身も甘味がありますが、
豚への愛着があればこそ引き出せる味。日向の情熱なしには成り得ない味なのです。

  • 系統にこだわる
  • 系統にこだわる
  • 系統にこだわる

飼料にこだわる

腸内を善玉菌ではじめる豚の健康

腸内環境を良くすると 腸から吸収されていた悪玉腸内細菌の出すインドールなどが少なくなるために
細胞の老化物質が溜まり難くなり細胞の新生が促されるために新陳代謝が上がるといわれています。
パンは100%植物性食品。発酵後の良質炭水化物、増殖したパン酵母が含まれており、栄養的特徴も
すばらしいものがあります。良質な酵母は蛋白、8種類の必須アミノ酸をバランスよく含有し、
ビタミンB群の豊富な供給源となり、ミネラル細胞の再生、エネルギー代謝に有用な核酸、
食物繊維として期待される多糖体、細胞の老化を防ぎ、若さを保つグルタチオンを含みます。
平成21年度から仕上用肉豚飼料に飼料米配合開始、26年度には25%の割合で配合されています。
ヘルシーな豚肉は皆さんの健康にも役立っているのです。

  • 飼料にこだわる
  • 飼料にこだわる
  • 飼料にこだわる

環境管理にこだわる

病原の根絶を実現するためのMD(Minimum Disease)飼育病原の根絶を実現するためのMD(Minimum Disease)飼育

MD(Minimum Disease)飼育とは、 飼育環境をコントロールすることで病気の発生を抑える方法です。
この手法により健康な肉豚の提供が可能になっています。
飼育環境は餌だけでなく室内温度、湿度、換気量、飼育密度、疾病要因など様々な条件が存在します。
BMW活性水を畜舎の洗浄や畜舎内散布することにより、さらに飼育環境が改善されています。
さらに食環境衛生研究所専属獣医師が月に一度定期訪問し、病気になりにくい豚の飼育法をアドバイスします。
高度な医療技術や世界的レベルのブタ情報をもとに効果的にワクチン接種。
ブタの気持ちを代弁する通訳係でもあります。

生産効率を優先させない豚づくり

日向養豚では毎日のように子豚が生まれています。ブタの赤ちゃんは生後2~3日で自分のおっぱいが決まります。
離乳するまでの間、ブタの赤ちゃんは自分用のおっぱいですくすくと育つわけです。

  • 系統にこだわる
  • 系統にこだわる
  • 系統にこだわる
ひなたの豚肉とは

日向では、自然な美味しい豚肉をつくるため、
優れた血統の親豚を選び、愛情を注いで一匹一匹
大切に育てています。ジューシーでコラーゲン
たっぷりな良質の肉を追求しています。

詳しくはこちら
販売店

日向が愛情を注いで一匹一匹大切に育てたひなたの豚肉を販売・ご利用頂いている施設などをご紹介いたします。

詳しくはこちら